うさぎをペットで飼うために必要な費用(初期費用)はどのくらい?

うさぎの知識

うさぎをペットで飼うために必要な費用(初期費用)はどのくらい?

 

ふわふわの赤ちゃん存在自体もかわいいうさぎ。くるくるの丸い瞳が愛らしいうさぎ。うさぎの良さは一言では言い表すことはできません、存在がかわいいうさぎです。

 

そんな、うさぎを「家でペットとして飼いたい」と思った場合、必要な初期費用はどのくらいかかるのでしょうか。この記事では、実際のうさぎに必要な物をまとめています。

 

うさぎ飼育って大変?苦労することやウサギを飼うデメリット
うさぎ飼育って大変?苦労することやウサギを飼うデメリット

これからうさぎを飼育しようとしている方に、うさぎ飼育で苦労することやウサギを飼うデメリットをご紹介します。   大切な命を預かるわけですから、デメリットをしっかり知った上でうさぎを飼いましょ ...

続きを見る

 

うさぎの飼育に必要な費用

うさぎをペットの一員として迎える中で必要な費用を初期費用と月々の費用にわけて考えてみましょう。うさぎの初期費用は、安く抑えることも費用をかけることもできます。何処にお金をかけていくか、うさぎを迎える前に一度優先順位を整理してみてください。

 

きなたん
ペットは大切な家族です。うさぎを飼いたいと思ったら、命を一人迎えるにあたって事前に準備をする必要があります。

 

うさぎを迎えるにあたって、ここに書いている物を準備できていたら安心です。また月の餌代は3000円~5,000円程度かかります、初期費用の他に月々5,000円程度の費用が必要になります。

 

初期費用はざっと約2万円〜約11万円

生体費用 4,000円~50,000円
ゲージ 4,000円~20,000円
3,000円~5,000円
トイレ用品 2,000円~5,000円
給水器 1,500円~5,000円
食器 1,000円~6,000円
その他日用品 5,000円~20,000円

 

※ページの後半にうさぎの飼育に必要な物をリストアップしていますので、確認してみてください。

 

初期費用はこんなところに発生する

 

うさぎを家で飼う場合に初期で下記のグッズを準備しておくと安心です。

 

ゲージ

うさぎの寝床になる家です。

 

うさぎび縄張りの役目もあり、安心して生活をする上で居心地のよいゲージを選んであげましょう。

 

様々なタイプのゲージが販売されていて、犬・猫と兼用のものから簡単にお掃除ができて衛星的な、引き出し型のトレイタイプの物もあります。トレイタイプは商品価格が少し高くなります、予算を抑えたい方はスノコを購入することをオススメします。

 

ゲージの価格は4,000円~20,000円と幅広い価格で商品が販売されています。うさぎの成長を考慮したゲージをぜひ、選んでください。

 

スノコ

必要な場合はゲージの中に入れて使います。天然の木のスノコから洗いやすいプラスチック製など様々なタイプがあります。スノコは費用は抑えられますが、赤ちゃんうさぎや小さな品種のうさぎは隙間に足を挟んで怪我をしてしまう場合があります。

 

隙間の幅を慎重に確認して購入するようにしてください。価格は1500円程度からと購入しやすい価格で販売されています。

 

トイレ

うさぎのキレイ好きな動物と言われていて、トレイは固定の場所ですると言われてます。専用の場所があると、衛生的ですので準備してみましょう。三角トイレなど、ゲージ内に配置しやすいトイレもあります。

 

また、うさぎはかじる習性があるので固定できるものが良いでしょう。

 

トイレシート

うさぎ用のトレイシートは、三角トイレに合わせて形の三角タイプや両面タイプなど種類が豊富です。ゲージ環境や掃除の頻度などで検討してみてください。またゲージ内の掃除をラクにする為に、スノコの下やゲージの下に敷いて利用する場合もあります。

 

トイレ砂

うさぎの水分(尿)を吸収すると、ペレット状の状態から粉状になります。水分含んだものだけを取り換えて使用します。またトイレ砂は販売メーカーによって、針葉樹や鉱物系など様々なタイプがあります。

 

給水器/給水ボトル

トレイや皿で水を与えることはできますが、ひっくり返してしまったり、水が汚れてしまったりと衛生的にもあまりよくありません。ゲージに固定できる物がオススメです。費用も1,500円~2,000円程度と選びやすい価格の商品が多いです。

 

温湿度計

うさぎの適温は夏は室温20度~23度、冬は18~20度と言われています。また湿度は40%~60%とが理想的と言われています。
またゲージ内での飼育の場合、うさぎ自身で快適な場所へ移動することもできません。

 

きちんと温湿度計をゲージに設置し、うさぎが快適に過ごせる理想的な温度と湿度を保つようにしましょう。

 

食器

うさぎの餌(ペレット)を入れる食器です。食器がひっくり返ったりしないように固定ができる物で、かじられない物がよいでしょう。プラスチックや金属、陶器など様々な素材の食器が売られています。うさぎの餌は牧草やペレット、野菜や果物とバランスよく必要です。

 

牧草用とペレット用と食器を分けて使う場合や、どちらも入れやすい食器も販売させています。ゲージの広さを相談しながら、うさぎが食べやすい食器をぜひ、探してみてください。

 

かじり木

うさぎの可愛いシンボルの前歯。うさぎの前歯は伸びます。定期的にかじり木を使用することで伸びすぎを防ぐことができます。ゲージに固定できる物やボール型の物など様々なかじり木が販売されています。

 

うさぎによって好みの木や硬さなどがありますので、少しずつ試していくとよいでしょう。

 

うさぎのおもちゃ「わらまっと」は食べれてストレス発散にいい!簡単レビューあり
うさぎのおもちゃ「わらまっと」は食べられてストレス発散にいい!簡単レビューあり

  うさぎさんのストレス発散には「わらまっと」がおすすめです!   きなたんも非常に気に入ってくれているので、他のうさぎさんにもぜひおすすめしたい商品です。今回の記事では「わらまっ ...

続きを見る

 

ブラシ

うさぎの飼育に定期的なブラッシングは必要不可欠です。抜け毛が消火器に詰まってしまうなど最悪の事態になりかねません。うさぎには換毛期があります。

 

大量の毛が抜けるので換毛期用のブラシと定期的用のブラシと2タイプ買っておいてもよいかもしれません。

 

爪切り

1~2か月に1回程度、うさぎも犬や猫などと同様に爪を切る必要があります。爪切りは500円~2,000円程度と種類が豊富ですので、使いやすい商品を探してみてください。

 

うさぎの爪には血管が通っているので、注意して切ってください。初めての方や自宅での爪切りが難しい場合はうさぎの取り扱いがある動物病院であれば切ってもらえるようです。

 

きなたん
さらに、あると便利なグッズを紹介

 

キャリー

病院や外出など移動の際にはあると安心できるグッズです。コンパトバックタイプの物からリュックタイプや頑丈な物まで様々な種類があります。用途によって選んでみてください。

 

ハーネスとリード

ペットのうさぎと一緒に散歩するうさんぽを行う際には必需品のハーネスとリードです。うさぎは移動しやすいハーネスタイプやしっかり固定できるベストタイプなど様々な商品があります。

 

サークル

ゲージとは別に、うさぎが安全に遊べるスペースをサークルを使って作ることができます。うさぎが脱走する可能性もあるので、高さや隙間を考慮しながらサークルを選んでください

 

リストにするとたくさんのグッズが必要なのがわかります。ですが、利用シーンをイメージすると本当にうさぎを育てていくうえで重要な物ばかりです。個別に必要なグッズを購入することが手間な場合はインターネット通販などでは「うさぎのはじての飼育セット」も20,000円前後から販売されています。

 

月々の費用のイメージはこれ

うさぎをペットで迎える場合には毎月の費用も考えておかなければいけません。月々の費用のイメージは「餌」「トイレシート・砂」などの費用が必要になります。

 

まず、うさぎの餌についてです。うさぎは牧草やペレットをメインに準備します。牧草とペレットを与える割合でも値段が増減します。
うさぎの年齢や品種にあった適切な量を与えましょう。補食として、野菜・果物・野草とバランスよく与える必要があります。

 

月の餌代は3000円~5,000円程度かかります。次に、トイレシート及びトイレ砂は毎月1,000円程度見ておくとよいでしょう。

 

+α発生する可能性がある費用

うさぎを家に迎えた場合、初期費用や月々の餌代以外にも+α費用が発生する場合があります。うさぎを部屋で飼う場合、365日24時間適切な温度と湿度に保つ必要があります。

 

その為、日々のエアコン代が室内環境によって2,000円~7,000円程度高くなる可能性もあるでしょう。また、うさぎの爪切りを自宅でできない場合には、うさぎを見てくれる動物病院へ受診する必要がでてきます。その場合は爪切りだけではしてもらえず初診料がかかる場合がほとんどです。

 

うさぎも人間同様生き物です、快適に気持ちよく生活していくにはその他+αの費用も考えておきましょう。

 

ペットのうさぎに健康で長生きしてもらう為に、うさぎの健康診断を動物病院で受ける方もいらっしゃいます。うさぎも利用できる動物保険もあるので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

うさぎを家で飼育する際の初期費用まとめ

 

うさぎを家で飼育する際の初期費用は、比較的価格が抑えられたペットショップでうさぎを迎え入れたとしても最低20,000円は必要になってきます。

 

うさぎの種類によっては1羽で50,000円以上の品種もおり必要な初期費用もその分高くなります。また月々の餌代代などの費用も必要になります。十分に経済的負担を考えながら検討してください。

 

匂いもそれほど気にならず、犬のように吠えたりもしない点が賃貸物件の方でも飼いやすく人気です。また毎日の散歩も不要なことから、室内で飼いやすく日中働いている方も飼いやすい動物といわれています。

 

飼いやすいからこそ、毎月の費用面の負担も考えてうさぎの購入を検討してみてください。

-うさぎの知識

© 2022 うさぎLIFE